FC2ブログ
このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉、そして東京下町の酒場など、俺が思ったことを綴ったブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京成立石 鳥房
東京の積み残しがまだあるので、今日は京成立石の紹介を・・。赤羽を根城にしていたが、京成立石も味わい深い街である。「麺食堂X」や「けんけん」などラーメンの質も高く、また渋い大衆酒場も立ち並ぶ理想の街である。

IMG_4195.jpg IMG_4180.jpg

 東京B級グルメハンターズの品川出張所の所長との立石制覇は実現しなかったものの(いつかは、制覇しましょうね。)、東京大衆酒場を巡る会の東京支部長と京成立石を攻めてみた。

IMG_4184.jpg  IMG_4177.jpg

 京成立石に来たら「鳥房」の若鶏の唐揚げを食べるべし。というのが定説らしく、それに習って食べてみたが、評判通りの旨い一品であった。

IMG_4175.jpg  

 小上がりにある小さなテーブルを囲んでは、皆がこの唐揚げを食べているのであるが、店の中には東京の大衆酒場のいい雰囲気が流れているのである。

 地方は中途半端な都市化をし、失敗してはどんどん魅力を失っているが、東京の下町ってのは昔ながらの町並みや、その店の持つ歴史があって、奥が深いなーと思うのである。
スポンサーサイト
初台の旨いもの 蘭蘭酒家
東京B級グルメハンターズ「最後のB級グルメ」が初台商店街にある「蘭蘭酒家」の餃子定食であった。

 半年間、苦楽を伴にした東京B級グルメハンターズであったが、ハンターズらしい昼飯である。

IMG_4218.jpg IMG_4223.jpg

 蘭蘭酒家は、人で賑わう中華料理屋であるが、ここの「餃子定食」がとっても旨いのである。餃子を頬張ると、ジュワーっと肉汁が口の中に広がる。

 しかし何故か「餃子定食」はランチメニューにも、通常のメニューにも無いのである。しかし周りの常連は皆食べているという、隠れ?メニューなのであった。
 
 「餃子定食 5つ」と頼むと、店員の眉がピクリとしたが、あまり儲からないメニューなのかも知れない。しかし、ピクリとされようが、絶対にこの「餃子定食」を頼んだ方が良いのである。

IMG_4245.jpg
群馬 永井食堂のモツ煮定食
福島に帰ってきたけれど、まだまだ東京ネタがあるので暫くは・・・。
----
 群馬支部長の所に遊びに行ってきた。東京勤務ももうすぐ終わりなので、別れの宴である。

 群馬支部長の所には、数年に一度くらい訪れるが、奥さんも子供達も元気そうであった。中学生であった子供が、もうりっぱな高校生である。

 以前に連れて行ってもらった「永井食堂」にモツ煮定食を食べに行く。ここのモツ煮は絶品である。ご飯も旨く、実にモツ煮に合うのである。

IMG_4110.jpg IMG_4111.jpg 

 国道沿いの辺鄙なところにあるにも係らず、引っ切りなしに車がやってくる。本物というものには、客の方からやってくるのだなーと痛感してしまう。

IMG_4108.jpg IMG_4103.jpg

 群馬支部長は、古めかしいランクルを大切に乗っているが、これが実にいい味を出している。温泉に入ったあと、車にクーラーがないので、足下の外気取り込み口を開けると、自然ないい風が入ってきた。

IMG_4105.jpg IMG_4113.jpg

 次から次と新しいものが生まれては消える大衆消費社会であるが、こういう物の使い方って粋であると思うのである。
東中野 大盛軒の鉄板麺
東中野に用事があったので、その次いでに大盛軒に行ってきた。鉄板麺なるものは、焼き肉ラーメン定食である。

IMG_3611.jpg IMG_3613.jpg

 生卵が付いており、それを焼き肉に乗せ一気にかき混ぜ馴染ませるのが流儀のようあり、それを熱々のうちに食べるのが正しい食べ方らしい。

IMG_3614.jpg IMG_3615.jpg

 テーブルの前には、モーニングに連載していた「大東京ビンボー生活マニュアル」タッチの説明書が置いてある。兎に角はらいっぱい食べたい人にはうってつけの一品である。

#みんな頼んでいたし、旨かった・・・
東十条 埼玉屋 ふたたび
 「これって焼肉屋から出てきたって感じだよね」と名誉会長が店の出がけにポツンと漏らした。

 福島支部長と事務局長が東京出張に来たので、4人で「東京大衆酒場を巡る会」の臨時集会を開く事にする。

IMG_4078.jpg IMG_4093.jpg
 
 福島支部長のリクエストで東十条にある「やきとん」の名店 埼玉屋に集合するが、今日も混んでいる。今日はあの社長もおらず、一人寂しく列に並んでいると、親父さんが4人席を用意してくれた。

IMG_4080.jpg IMG_4083.jpg

 ビール、レモンを飲み干し、生ホッピーなるものを頼む。これがアッサリとした飲み物で非常に飲みやすい。埼玉屋はアテも酒も普段接することが出来ないものばかりで面白い。

IMG_4084.jpg IMG_4082.jpg

 今日は野菜も残っていて、これが「やきとん」にとっても合うのである。レバー、牛のレア焼き、上シロ、牛刺し、バターニンニクを垂らしたチレなどなど・・・そしてお楽しみの牛の煮込みを食べると、もう腹が一杯である。しかし埼玉屋の「やきとん」は、いつ食べても「グレイト」の一言である。

IMG_4092.jpg IMG_4087.jpg

 そしてまたもや親父さんと握手をして店を出るのである。2回程かよったが、店で親父さんと握手をする人を見た事がない。何故?と思いながら店を出るのである。

IMG_4089.jpg IMG_4095.jpg

 そして4人は赤羽の「いこい」へと、また向かうのであった。これってデジャブ?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。