FC2ブログ
このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉、そして東京下町の酒場など、俺が思ったことを綴ったブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カムC空次郎の俺が思ったこと
9月から行われた経営革新塾に参加した。このセミナーはWebを経営にどう活かすかといった事が主題であり多くの事を学ぶことができた。

 また、いろいろな人と知り合うことができ、多くの刺激を受けたので異業種交流の良さだなーとも思ったのである。

 僕は経営者ではないので、このセミナーで学んだことの成果測定のために、このブログを立ち上げ、アフィリエイトに参加し擬似的な経営をしてみたのである。

 まず感じたことは認知されることの難しさである。「ウェブ進化論」では、ネットの力が与える変化のひとつとして、エスタブリッシュメントではなくとも、誰でも情報発信が可能となったことであると指摘している。

 エスタブリッシュメントとは、社会的にその地位が確立された人々である。従来の情報発信源といえば、新聞、雑誌、テレビなどのマスコミや作家といった人々である。これらの人々は社会的なオーディションをくぐり抜けて、従来からあるメディアで情報を発信することを許可された人々なのである。

 しかしブログの出現により、誰でもネットというメディアを通して情報を発信することが可能となったのである。誰でも情報が発信できるということの反対側には、多数の情報源が乱立するため、情報に情報が埋もれるといったことや、どう認知されるかといった課題が存在するのである。

 実際にブログを立ち上げてみて、それらを痛感したと共に、何事も戦略がないと成功しないのだなーと思ったのである。

 ということで、経営革新塾の教科書「60分間・企業ダントツ化プロジェクト」を再度、読み直し戦略的思考を身につけようと思ったのである。


60分間・企業ダントツ化プロジェクト 顧客感情をベースにした戦略構築法60分間・企業ダントツ化プロジェクト 顧客感情をベースにした戦略構築法
(2002/12/07)
神田 昌典

商品詳細を見る
 
 最後に、このブログを見て頂いた皆様へ、本年は大変お世話になりました。いろいろなコメントを頂きブログ更新の励みになりました。ありがとうございました。

 来年はペースを落としながらになりますが、俺が思ったことを綴っていきたいと思います。来年も宜しくお願いします。
                                 カムC空次郎

スポンサーサイト
福島のラーメン 味よし

 こってり味噌ラーメンが美味い。「味よし」には何度も足を運び、醤油、味噌ラーメン、つけ麺を食したが、最近のお気に入りが「こってり味噌ラーメン」である。

 「味よし」の味噌ラーメンは白味噌ベースであり、やさしい味であるが(癖になる味)、こってりは、これに節系の油ダレを垂らしたものである。これが非常に美味いのである。

IMG_1810.jpg  IMG_1811.jpg

IMG_1812.jpg

 また「味よし」は麺の中盛、大盛りが無料なので、この点も嬉しい。みそは緩やかなカーブのかかった太麺でこれがパンチのあるスープと合うのである。

味よしの判定は4.4ブラボー


夜行列車と東京ディズニーランド

 夜行列車で行く東京ディズニーリゾートへの旅が好きである。金曜日の夜に福島を出発し、土曜日の朝には舞浜へ到着する。


IMG_1672.jpg  IMG_1681.jpg

 鉄道には詳しくないが、新聞記事に東北本線で特急を期間限定で復活させる記事にあった特急と同じ様な姿だったので、583系の特急ではないかと思う。 クハネ583って書いてあるし。

IMG_1270.jpg  IMG_1680.jpg


 車内のボックス席がフラットになり、そこで寝ながらの旅となるが、寝転びながら家族と話をしたり、電車に揺られながらモルツを飲んだり、踏み切りの警笛を聞きながら菊水を飲むといった、この時間というか空間というかが好きなのである。

IMG_1705.jpg  IMG_1272.jpg

 前回は勝手がわからずボックス席ひとつでの旅であったが、ちょいとばかり狭く濃厚なスキンシップを取ることになったので、今回は二つのボックスを確保した。

 長男といっしょの席で寝たが、その寝顔をみながら、こういう旅が出来るのも、あと少しかなーと、椎名誠の「続・岳物語」のような、少し寂しい気持ちになったのである。

 ぐっすり眠った次の日には、晴れ渡った舞浜へ到着である。朝には弁当を配る気配りもあり、これで腹ごしらえをして、いざTDLへである。


IMG_1684.jpg  IMG_1685.jpg


わたなべのくんせい卵
勝手に企画し、更に進行している「モルツに合う酒の肴を探して」第6弾である。

 昔、ビールのCMで中山美穂が「おんたま」を美味しそうに食べながらビールを飲む姿が流れ,温泉卵ブームがやってっきた。今回は「おんたま」ではなく「くんまた」を取り上げる。

 わたなべのくんせい卵は福島市の町庭坂で造られており、二本松の野地養鶏場の卵を使用しているようである。この「くんたま」を手に取ると、燻したいい匂いが立ちこめてくる。

 茶色の皮をむくと薄茶色の白身が現れる。この燻製卵は食塩と昆布を原材料として造られており、味付けがきっちりされているので、食塩など付けずにその風味を味わいたい。そしてモルツである。

IMG_1800.jpg  IMG_1803.jpg   

IMG_1808.jpg
福島の豚カツ 保原食堂
経営革新塾が保原町で開催されていたこともあり、ちょいとばかり保原に詳しくなった。いままでは昼飯のテリトリーではなかったが、最近はちょくちょく足を運んでいる。

 セミナー関係者から教えてもらった店が豚カツの美味い「保原食堂」である。『もち豚』というやわらかい豚肉を使ったその豚カツはサクットしてとても美味しい。

 また、茶碗蒸しや小鉢、フルーツ等がついて1000円といった値ごろ感も実にいい。美味い豚カツ定食を食べたかったら「保原食堂」へである。

IMG_1795.jpg  IMG_1797.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。