FC2ブログ
このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉、そして東京下町の酒場など、俺が思ったことを綴ったブログです。
走ることについて語るときに僕の語ること
走ることについて語るときに僕の語ること走ることについて語るときに僕の語ること
(2007/10/12)
村上 春樹

商品詳細を見る


 ハーフマラソン大会を走り終えて、なんとなく目標を失ってしまった。筋肉痛が治るまでと思っていたら、そのうち寒さも増してきて・・・早朝のランニングから遠ざかってしまったのである。

 そんな時、本屋で見つけたのが村上春樹氏の「走ることについて語るときに僕の語ること」である。フルマラソンを20回以上走った著者が走ることについて語ったエッセー集である。

 もう絶版となってしまった「村上春樹ブック」には、マラソンを始めた動機が書かれていたが、そのエッセーを読み返しては、マラソンについて一冊の本にまとめればいいのになーとずっと思っていたので、書店でこの本を見つけた時は、思わず買ってしまった。

 この本を読むと、走ることが村上春樹氏にとって生活の一部であり、小説を書くことの原動力であることが伝わってくる。

 文中に次のような内容が書かれている。

 「どんな髭剃りにも哲学がある、どんなにつまらないことでも、日々続けていけば、そこには何かしらの観照のようなものが生まれる」

 シューズと走る意志さえあれば出来るランニングである。また明日からいつものコースを走ることとしよう。
 
IMG_1626.jpg  IMG_1628.jpg


 
スポンサーサイト