FC2ブログ
このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉、そして東京下町の酒場など、俺が思ったことを綴ったブログです。
魂の歌
魂の歌-新垣勉ベスト・コレクション魂の歌-新垣勉ベスト・コレクション
(2007/03/21)
新垣勉

商品詳細を見る

 テノール歌手の新垣勉さん(敬意を込めて、さん付けで呼ばせてもらいます)は、ずーっと気になる存在であった。今年の4月に福島音楽堂でコンサートがあったので、その歌声を聴きに行ったが素晴らしいものであった。

 新垣さんは、沖縄米軍兵と日本人の母の間に生まれたが、生後まもなく事故により失明してしまう。更に1歳の時には両親が離婚したため、母方の祖母に中学まで育てられるが、その祖母も他界し天涯孤独になってしまったのである。

 当時は両親らに対し強い憎しみを抱いていたというが、その新垣さんの人生を変えたのが賛美歌と牧師との出会いである。

 その後、新垣さんは、西南学院大学 神学部を卒業し副牧師になった後に、更に34歳で武蔵野音楽大学に入学し、武蔵野音楽大学の修士課程を卒業したという。

 この様に努力している人を知ると、自分もまだまだ努力しなければならないなーと思うのである。

 秋川氏の「千の風になって」が今年の最大のヒット曲であるそうであるが、この楽曲を最初に歌ったのが新垣さんである。

 魂の歌には、その「千の風になって」や「さとうきび畑」「涙そうそう」などが含まれているが、僕が好きな歌は「白百合の咲く頃」である。時代や運命を感じさせる切ない名曲である。

 自分自身へのクリスマスプレゼントとして是非聞いてもらいたいアルバムである。

 その新垣さんを題材にしたドラマが特別企画として今週の金曜日に放送される。新垣さんの人生をもっと知りたいので見てみようと思うのである。
 

 金曜プレステージ・クリスマス特別企画『まだ見ぬ父へ、母へ~全盲のテノール歌手・新垣勉の軌跡』12月21日(金)21:00 - 22:52 フジテレビ系全国ネット
スポンサーサイト