FC2ブログ
このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉、そして東京下町の酒場など、俺が思ったことを綴ったブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京大衆酒場を廻る会
「東京大衆酒場を廻る会」は、カムC空次郎を会長とする集団である。入会資格は、「下町の大衆酒場を愛し、自由に酒が飲める事を無上の喜びとする者」なのである。

 赤羽・十条・東十条・王子など、都の北で杯を酌み交すが、会費は無料、会則なし、入会脱退自由、集会は随時と非常にゆるい集まりである。

 現在は、群馬支部長、東京支部長の3人で構成されているが、そこに福島支部長、福島支部事務局長、そして名誉会長が加わったのである。

 新たに加わった仲間達は、昨年の9月から2ヶ月に渡って開催された異業種交流セミナー「経営革新塾」でお世話になった先生と事務局のかた、そしてチームメイトである。

#詳しくは以下のブログを・・

http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/blog-entry-50.html
http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/blog-entry-66.html
http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/blog-entry-102.html

IMG_3245.jpg IMG_3246.jpg

IMG_3247.jpg IMG_2392.jpg

http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/blog-entry-160.html

 十条の「斎藤酒場」で杯を交わし、昭和の雰囲気のなかで、有意義な時間を過ごしたのである。B級グルメハンターでもある新しい仲間達と築地や都内で食べ歩いたので、レポートは後ほど・・。
 
スポンサーサイト
恵比寿のビール
ビールって生鮮食品だなーと思うのが、工場直送のビールを飲んだ時である。東京支部長の誘いで向かったのが、恵比寿にあるサッポロビールのビール館である。

IMG_2534.jpg IMG_2533.jpg

 一杯250円で飲めるそのビールは飲み心地がよく、とっても旨いのである。新鮮なエビスやギネスも飲めるこのミュージアムは東京の穴場ではないかと思うのである。

#ビールとカツオは鮮度が命だと思います。

IMG_2558.jpg IMG_2539.jpg

 帰りがけにエビスのグラスを買ってきた。その奇麗な曲線を描くグラスでビールを飲むと最高なのである。

IMG_2548.jpg IMG_2555.jpg
シルクロード・アンサンブル
エンチャントメント~魅惑の響き~NHKスペシャル「新シルクロード」オリジナル・サウンドトラックエンチャントメント~魅惑の響き~NHKスペシャル「新シルクロード」オリジナル・サウンドトラック
(2004/12/29)
TVサントラ

商品詳細を見る

 中国出身のチェリスト、ヨーヨーマを知ったのはサントリーのラジオCMであった。そこから流れる「リベルタンゴ」の旋律は美しく、そして衝撃的なものであった。それ以来、ピアソラの独創的なタンゴをカバーした「Soul of The Tango」を何度となく聴くことになるのである。

 http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/blog-date-20071115.html

 そのヨーヨーマが、サントリーホールに来るというので出かけてみたのである。今回は、シルクロード.アンサンブルという演題で、シルクロードにちなんだアジアと中東の音楽を演奏するものである。

 アンサンブルのメンバーは、中国人、日本人、イラン人、アメリカ人など、多国籍の集まりである。国益でみれば利害が対立する国々もあるが、そのようなものは関係なく、音楽と才能という絆で結ばれており、あらためて音楽に国境はないなーと思ったのである。

 アンコールにも答えてくれ、感動の演奏であったが、ヨーヨーマが優雅にチェロを弾く姿が印象的なコンサートであった。


IMG_2974.jpg
Holly Cole
コーリング・ユーコーリング・ユー
(1995/11/29)
ホリー・コール・トリオ、ホリー・コール 他

商品詳細を見る



 好きな女性ジャズシンガーが「ホリーコール」である。映画バクダッドカフェの主題歌CALLING YOUをカバーして一躍有名になったホリーコールであるが、その歌声や独特の雰囲気がたまらないのである。

 このアルバムは何度となく聴いたアルバムである。全体的にシットリとした感のあるアルバムであるが、その歌声は繊細で力強いのである。

 一度でいいから、その歌声を実際に聴きたいなーと思っていたら、ブルーノート東京でライブをやると知ったので行って来たのである。

 ブルーノートは10年くらい前に一度いったことがあるが、店の中はすっかり変わり、ゴージャスな大人の雰囲気であった。ホリーは、ジャケットにある、か細さは消えていたが、その歌声は素晴らしいものであった。

IMG_2964.jpg IMG_2960.jpg
熊谷での花見

 鉄道博物館を後にして向かった先が熊谷である。ラジオで熊谷の桜がとっても綺麗だと言っていたので家族で向かうことにする。

 熊谷駅の南口に出ても桜の名称を示す看板もない。地元の人に聞いても南口を出て真っ直ぐに行けば良いと言う。
 なんかそっけなく、本当に桜の名所があるのかなーと心配になってきた。しかし南口から暫く歩くとその意味合いがわかってきたのである。

IMG_2827.jpg  IMG_2829.jpg

 熊谷の桜は2キロに渡って堤に咲き連なり、南口から適当に歩けば桜に突き当たるのである。満開のこの日は春風が心地よく吹き、桜吹雪の花見であった。咲き誇る桜を見ながら幸せだなーと思ったのである。

 本日の桜のアテは、大宮で買った奈良の柿の葉寿司である。もちろん鯖寿司である。もう一品と思い、屋台で焼き鳥を買う事にするが、さすが埼玉とあって東松山仕込の辛みそ付きの焼き鳥であった。

IMG_2836.jpg  IMG_2849.jpg

 そして息子が反応したのが「型抜き」の屋台である。僕も子供の頃にやったが、固いガムの様な素材を100円で買うのである。その表面には押し絵があり、それを針で型抜きするのであるが、上手く型抜きに成功すると200円とか300円が貰えるのである。

IMG_2855.jpg  IMG_2859.jpg

型抜きに挑む真剣な少年達の後ろ姿をみて、微笑ましい光景であると思ったのである。


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。