FC2ブログ
このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉、そして東京下町の酒場など、俺が思ったことを綴ったブログです。
熱塩温泉 下の湯共同浴場
米沢から121号線を通り、喜多方市内に向かう途中にある温泉が熱塩温泉である。今は合併して喜多方市となっているが、旧熱塩加納村の温泉である。

 ここは塩分が強く、舐めるとしょっぱい湯である。また源泉が70度以上あるようで、源泉の注ぎ口の栓を緩めると、直ぐに湯船が熱くなる。温泉名の如く「熱い塩湯」なのである。

 年末に帰省した弟と温泉に行くことにした。子供の頃に親父と行ったきりなので、数十年ぶりに兄弟で湯船に浸かることになる。

 地元の人が代わる代わる二人程入って来た。狭い湯といったこともあり、温泉談義や地元の話に花が咲く。

 湯船と源泉の注ぎ口、加水のための水道だけのシンプルな温泉であり、まったく派手さはないが、このお湯は保温力が素晴らしく、湯船に浸かった後も何時までも体がポカポカする。

 熱塩温泉の入り口には、「まだまだ二流のちょっと上」と謙遜した看板が掲げられているが「イヤイヤこのお湯はなかなかいいものですよ」と言いたいのである。

IMG_1827.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック