このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉、そして東京下町の酒場など、俺が思ったことを綴ったブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
熊谷での花見

 鉄道博物館を後にして向かった先が熊谷である。ラジオで熊谷の桜がとっても綺麗だと言っていたので家族で向かうことにする。

 熊谷駅の南口に出ても桜の名称を示す看板もない。地元の人に聞いても南口を出て真っ直ぐに行けば良いと言う。
 なんかそっけなく、本当に桜の名所があるのかなーと心配になってきた。しかし南口から暫く歩くとその意味合いがわかってきたのである。

IMG_2827.jpg  IMG_2829.jpg

 熊谷の桜は2キロに渡って堤に咲き連なり、南口から適当に歩けば桜に突き当たるのである。満開のこの日は春風が心地よく吹き、桜吹雪の花見であった。咲き誇る桜を見ながら幸せだなーと思ったのである。

 本日の桜のアテは、大宮で買った奈良の柿の葉寿司である。もちろん鯖寿司である。もう一品と思い、屋台で焼き鳥を買う事にするが、さすが埼玉とあって東松山仕込の辛みそ付きの焼き鳥であった。

IMG_2836.jpg  IMG_2849.jpg

 そして息子が反応したのが「型抜き」の屋台である。僕も子供の頃にやったが、固いガムの様な素材を100円で買うのである。その表面には押し絵があり、それを針で型抜きするのであるが、上手く型抜きに成功すると200円とか300円が貰えるのである。

IMG_2855.jpg  IMG_2859.jpg

型抜きに挑む真剣な少年達の後ろ姿をみて、微笑ましい光景であると思ったのである。


 

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。