FC2ブログ
このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉、そして東京下町の酒場など、俺が思ったことを綴ったブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4-2-3-1 サッカーを戦術から理解する
4-2-3-1―サッカーを戦術から理解する (光文社新書 343)4-2-3-1—サッカーを戦術から理解する (光文社新書 343)
(2008/03)
杉山 茂樹

商品詳細を見る


 息子がサッカーをしているので、サッカーの戦略について勉強してみた。この本は国際サッカージャーナリストの杉山氏が、サッカーの布陣と戦略について語ったものである。

 サッカーは自陣ゴール側からプレーヤーの配列を「4−2−3−1」などと表現する。この布陣によりサッカーが攻撃的になるのか守備的になるのかが決まってくるのである。

 そしてその布陣をきめ、どのプレーヤーを配置するかが監督の仕事である。その指揮により、時おり格下のチームが格上のチームに勝利するのである。

 「バルセロナ」VS「セビィーリャ」 前評判で有利であった「バルセロナ」が0−3と完敗してしまったが、その要因が布陣にあるという。スーパースター「ロナウジーニョ」に攻撃的なサイドバック「ダニエル・アベウス」をあてがったことが勝利の要因だそうである。

 このアベウスが積極的に上がるため、守備の苦手なロナウジーニョが守備に追われる結果となり、疲労の蓄積と供に攻撃の精彩を欠きチームのバランスが崩れ敗北してしまったのである。
 
 また、この本で面白いなーと思った下りが、日本のサッカーはキャラクターで仕事をしているが、ヨーロッパなどのプレーヤーはポジションで仕事をしていると指摘した点である。

 MFが司令塔として祭り上げられる日本であるが、フォワードの得点力不足は指摘されても司令塔は得点力不足を指摘されない。

 本来、MFも攻撃力を問われるポジションであり、ヨーロッパのサッカーは、いかにそのポジションの仕事をキッチリこなせるかで選手としての真価が問われるのである。

 この本を読むとサッカーの見方が変わるなーと思えるので、サッカーに興味がある方は是非どうぞ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
良書
はじめまして。確かにこの本を読むと、サッカーに対する見方が変わりますね。より深くサッカーが楽しめる気がします。スターがいなくても強いチームは作れるという記述には勇気付けられました。日本代表にも、いずれはかつてのオランダ代表のように好チームになってほしいですね。

私もこの本のレビューを書いています。よかったら読んでみてください。
2008/04/28(月) 15:37:55 | URL | 三毛ネコ #-[ 編集]
 三毛ネコさん、はじめまして、カムC空次郎です。オランダは戦略的で凄いですね。ヨーロッパはいろいろな面で日本のお手本ですよね。
2008/04/30(水) 16:47:53 | URL | カムC空次郎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。