FC2ブログ
このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉、そして東京下町の酒場など、俺が思ったことを綴ったブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そうだったのか! 中国
そうだったのか!中国そうだったのか!中国
(2007/06)
池上 彰

商品詳細を見る


 学校で習った歴史の授業を振り返ってみると、近代史のあたりの記憶があいまいなのである。学年末の忙しさも手伝ってか授業も尻すぼみとなり、内容もところどころ端折っていた感じもする。

 ここは一つ提案なのであるが、近代史から遡って歴史を教えてはどうかと思うのである。自分達が生きている"いま"の前提となる近代史を知らずに、今の世の中で起こっている事象を読み解くのは難しいと思うのである。

 例えば、何故パレスチナで宗教の違う人々が対立しているのか、イラク戦争は何故おきたのか、東西冷戦が与えた本当の意味合いとか・・・これらが理解できないと思うのである。

 もっと言えば、現代の世界の仕組みを理解するには、ローマ帝国の歴史と宗教の成り立ちを勉強しないと理解できないと思うのである。 

 池上氏の「そうだったのか」シリーズは歴史の苦手だった社会人が自己補習するのにうってつけの本である。

 例えば、北京オリンピクや経済的発展で注目される中国の近代史などは、この本と先ほど紹介した「ワイルドスワン」を読めば、おおよそ理解できるのである。

 歴史の苦手だった僕は、これで補習をしています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。