このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉、そして東京下町の酒場など、俺が思ったことを綴ったブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青森で食べた秋田を拠点とする京都ラーメン 末廣ラーメン本舗

 「上きげん」で上機嫌になったあと、青森のラーメンを食べにメンバーと市内を徘徊した。「まるかい」が旨いと教えてもらったので、通りすがりの人に場所を聞きながら、なんとかたどり着いたのである。

IMG_3055.jpg IMG_3056.jpg

 しかし「時すでに遅し」であり、その名店は閉まっていたのである。しかたがないので、ホテルへ帰ることにするが、その途中に気になる店があったので入ってしまったのである。

 黄色い看板と「昭和4年の屋台の味」というキャッチにひかれたのである。店内に入ると、説明書きがあり、この末廣ラーメン本舗は、京都の「新福菜館」直伝のラーメン店らしい。ので、青森で食べる京都のラーメンということになる。

#新福菜館の凄さがよくわからないが・・京都のかたフォロー願います。


IMG_3058.jpg   IMG_3060.jpg

IMG_3063.jpg

 
 そのラーメンは、ばら肉が麺を覆うスタイルであるが、あぶらの浮いた醤油のスープが非常にパンチがあるのである。麺も中太であるので、パンチのあるスープにも負けていない。率直に言って旨いラーメンである。

 ところで、この末廣ラーメン本舗をネットで調べてみると、どうも京都で店を展開するのではなく、秋田を中心に拠点を展開する店らしい。なぜ、秋田で京都のラーメンなのかがHPからは読み取れないが、さらに店舗紹介をチェックすると、青森の店舗が掲載されていないのである。

 http://www.dreamlink.co.jp/suehiro/menu2.html

 つまり、この日に食べたラーメンは、「青森で食べた秋田を拠点とするラーメン店舗の幻の京都ラーメン」ということになるのである。


 更にネットで調べてみると「末廣ラーメン本舗」は東北のラーメンランキングの18位にランクされていいるので、秋田では名の通った店らしい。

http://www.khb-tv.co.jp/ramen60/ranking_02.html
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。