このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉、そして東京下町の酒場など、俺が思ったことを綴ったブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
母の日とガーナチョコレート
広告ハンドブック―広告・広告メディアの基礎知識から計画立案・出稿・効果測定・プレゼンテーションの実務まで広告ハンドブック—広告・広告メディアの基礎知識から計画立案・出稿・効果測定・プレゼンテーションの実務まで
(2005/02)
井徳 正吾

商品詳細を見る


 今日は、母の日である。母の日で最近思うことが、ガーナチョコレートのマーケティングの上手さである。

 母の日→赤いカーネーション→赤いパッケージのガーナチョコレート→母の日に赤いカーネーションと赤いガーナチョコレートを贈る。と、母の日に関係のない、ガーナーチョコレートが、見事にカーネーションとタックを組み、プレゼントに変身するのである。

 マーケティングとは、市場の創造である。市場を創造しそこで活動するためには、4つのPが重要となる。Product(製品)、Place(流通)、Price(価格)、そしてPromotion(販売促進)である。

 いくら良い、製品を作っても売る市場が無ければ意味がないのである。最新の電化製品を外国の僻地で販売しても売れないのである。それは市場がないからである。

 その市場にあった製品を開発し、買ってもらえそうな価格に設定し、安定供給できる仕組みを作り、そしてプロモーションにより、顧客を説得する。買って下さいと。それがマーケティングである。

 ガーナチョコレートは「母の日にガーナチョコレート」を贈るという、新しい市場を創造したのである。テレビCMでは、長澤まさみさん達が、母の日にはガーナチョコレートですよと。僕達を説得しているのである。

 CMなどの広告は、認知の先にある感情や行動にまで働きかける機能があるという。ガーナーチョコレートを知らない人はいないと思うので、あのCMは認知を目的としてものではない。認知の先にある、消費行動を「母の日」という道具を使って働きかけているのである。

 最近ではスーパーでもこの時期に店頭にガーナチョコレートが並んでいる。近い将来、母の日にガーナチョコレートを贈るのが当たり前になる日がくるのだろーなー、と思うのである。どうしてなのか判らないが母の日にカーネーションを贈るのと同じように。

 そして、次の狙い目は父の日の市場創造であると僕は思うのである。(手薄な感じだし)

#上記の本は、広告を判りやすく解説した本です。興味のあるかたは、是非どうぞ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。