このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉、そして東京下町の酒場など、俺が思ったことを綴ったブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シリコンバレー精神
シリコンバレー精神 -グーグルを生むビジネス風土 (ちくま文庫)シリコンバレー精神 -グーグルを生むビジネス風土 (ちくま文庫)
(2006/08/10)
梅田 望夫

商品詳細を見る


 先日、「社長失格」なる本を紹介したが、この「シリコンバレー精神」と読み比べと面白いと思う。

 シリコンバレーはHPやCiscoなどの名門企業を生んでいるが、その繁栄の仕組みがオーディションとベンチャー・キャピタルにあるそうである。

 才能のある技術者たちが、シリコンバレーのオーディションに参加し、選ばれし一握りのものが、ベンチャー・キャピタルより返さなくていい資金を手にする。そしてこの資金を元手に果敢に株式公開に向け(マイクロソフトに買収されることへ?)チャレンジするのである。

 成功すれば多額のキャピタル・ゲインを手にし億万長者になるが、失敗すればまたやり直す。これがシリコンバレーの屋台骨を支える仕組みらしい。

 日本のベンチャーを4つのパターンに分類し、シリコンバレー型が少ないとするが、この視点がまた面白い。日本にだって「楽天」なんかの成功したベンチャー企業があるじゃん。という声が聞こえそうであるが、この4パターンを読んでもらうと、「シリコンバレー型」ではなく、「若きスーパースター資産型」であることに納得すると思う。

 著者は「ウェブ進化論」を世に生み出した梅田氏であるが、ウェブ進化の土台となるシリコンバレーを知る上でも貴重な資料なのである。

#アメリカ経済は、金融システムが不安定のようだが、このシリコンバレーシステムも行き詰まっているかも知れない。ネット産業で、やられっぱなしの日本も今がチャンスでは・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。