このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉、そして東京下町の酒場など、俺が思ったことを綴ったブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アドルフに告ぐ
アドルフに告ぐ (1) (手塚治虫漫画全集 (372))アドルフに告ぐ (1) (手塚治虫漫画全集 (372))
(1996/06)
手塚 治虫

商品詳細を見る


 好きな漫画の三指に入るのが、手塚治虫氏の「アドルフに告ぐ」である。子供の頃は手塚先生の漫画が大好きで「バンパイヤー」や「ミクロイドS」「ブラックジャック」などを貪り読んでいた記憶がある。
 
 「アドルフに告ぐ」の話は昭和11年のベルリンオリンピックに始まる。アドフル・ヒットラー率いるナチスが世界を席捲していた頃で、オリンピックはナチスの力を世界に誇示する、格好のプロパガンダの舞台となっていた。

 「アドルフに告ぐ」は、アドルフ・ヒトラーと、ドイツ軍人の父と日本人の母を持つ、アドルフ・カウフマン少年、そして日本に住むユダヤ人のアドフル・カミル少年の3人のアドルフの人生を中心に描いた大河ドラマである。

 戦争とナチスによるユダヤ人迫害といった時代背景をベースに話は進んでいくが、人種を超えた、カウフマンとカミルの少年時代の友情も、それぞれが歩む人生の違いや人種の壁によって崩れて行くのである。

 特にヒットラーの出生の秘密を知る事により、二人の利害が対立し複雑に交差する人生を歩むことになるのである。

 子供の頃に読んだ手塚作品も面白かったが、この本は読み応えのある社会派の漫画であり大人のための手塚作品である。まだこの漫画を読んでいない往年の手塚ファンは夏休みにでも是非どうぞ。

「アドルフに告ぐ」の判定は 4.79オモロー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。