このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉、そして東京下町の酒場など、俺が思ったことを綴ったブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
脳が冴える15の習慣
今日は経営革新塾に参加してメールマガジンの奥義を学んできた。講義を聴いてメルマガってひとつの産業なんだなーと思ったわけである。

 講義の中で右脳左脳の話があった。半年くらい前に脳に関する本を読んだ事を思い出したので脳に関する本の紹介をしたいと思う。

脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)脳が冴える15の習慣—記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)
(2006/11)
築山 節

商品詳細を見る

 この本は日常生活での脳の使い方を書いた本であり、なるほどと思って読んだ記憶がある。面白い本なので脳の動きや活用に感心がある人は是非読んで貰いたい本である。

 話は変わるがセミナーでは顧客の心に響く提案の仕方を学ぶためにオークションへの出品が一つの課題となっている。ネットオークションに出品してみたので興味がある人は是非入札を。

http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/kanayagawa2008

#最長片道切符~はオススメです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
時事解説本について…
私は、古典文学も、時事解説本も、マンガも、
あ、いいな、と思ったら、ジャンルに関係ないと思っていますが、
どうも、『時事解説本を読むやつはバカだ』
と考える人もいるようなのですが、なぜでしょうか?
今からすれば古代の人物の論なり主張なりも、
その当時は時事解説本であったわけですよね?
要は、ジャンルではなく作者との対話、それによって
読んだ側が何を感じたか、得られるものがあったか、
成長できたか、そういったことに価値があると思うのですが。
とある心理分析の項目にもあったんです。
「よく時事解説本を読む」
これにマークすると、騙されやすい、
周りに流されやすいという、マイナス評価になるんですが、
本質がまるでわかってないと憤慨した記憶がありまして(^_^;)
どう思われますか?
2008/11/18(火) 11:22:42 | URL | 訪問者axe #JNrjWVGA[ 編集]
 私も名作から古典、感動する本からトンデモ本、駄作、愚作といろいろな本を買ったり読んだりした記憶がありますが、どんな本にもそれなりの意味があると思います。時事解説本もいいのではと思います。
2008/11/18(火) 17:46:24 | URL | カムC空次郎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。